HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>読書感想文

ジェームズ.C.コリンズ「ビジョナリーカンパニー②」

最後は、この一冊!

ビジョナリーカンパニー



こちらもビジネスパーソンの間では
有名な著作です!
ここでは“企業”という視点で語られているので
まだインターンであるわたしには
いままでの3冊と比べると、
1番難しい内容に感じました。
しかし!だからこそ読む価値がある!

これは企業に所属する前後で
2回は読みたい本だと思います!


-------------------------------

印象に残っているのは、この3点です。

①“マクロな視点”の重要性

この本では、企業の飛躍の秘訣として
「3つの円」の確立が説かれています。
(※「3つの円」に関しては本を読んでみてください!)
(※Google参照「ビジョナリーカンパニー 3つの円」)

これからのサムスルにおいても、
この「3つの円」を確立することは
重要になってくると思います。

では、どうやって見つけるか。

そのヒントになるのが、
この“マクロな視点”だと思います。

広い視野を持って
いろんなところにアンテナを張っていれば、
斬新なアイデアが生まれやすくなるし、
自分の足りない部分や長けている部分も
見つけやすくなるはずです。

すると、自ずと、この「3つの円」は
見えてくるのではないでしょうか。

最初から
「こうあるべきだ」
「こうじゃなきゃいけない」
「これが当たり前」といった縛りを設けることは
“マクロな視点”を持つ上で邪魔であり、
どんどんつまらない見方しかできなくなってしまう
危険性があります。

ですから、普段から
常識や通説を越えた見方ができるように
意識していきたいと思いました!


②基本理念の“個人レベル化”
この本では、企業の発展には
「基本理念を維持する姿勢が重要である」と
書かれています。

基本理念というのは
その会社の個性そのものであって、
他社との差別化においてに
非常に重要なポイントになりうると思います。

このように考えると、
「基本理念を維持する」ということが
どれだけ重要なのか納得できます。

しかし、実際に実行しようとすると
それは難しいことだと思います。

基本理念は1つですが、
それを実行しようとする人(社員)が
企業には複数いるからです。

そこで、そのギャップを埋めるために
基本理念の“個人レベル化”が
有効なのではないでしょうか。

基本理念を会社のものと思わず、
自分のものとして生活に反映させることができれば
方向性が全く同じとまではいかなくても、
それを“会社”として集結させたときに
大きくズレていくことはないと思いますし、
そうした共通理解があることは
会社を強くしてくれると思います。

例えば、サムスルで言えば「サプライズ」。
インターンとして、
サムスルの中に入ってみて
この理念が個人個人に行き渡っていることを
とても実感しています。
すごく自然に実行されてるように見えますが、
実は、すごいことだと思います!
早くわたしも身につけて一員になりたいです!


③“謙虚”と“譲歩”
本文中で、「第五水準の人間性」として
“職業人としての意思の強さと、
個人としての謙虚さ”という二面性について
書かれていました。

ここで、とても考えさせれたのは
“謙虚”と“譲歩”の違いです。

わたし自身、謙虚さを大切にしていきたいとは
思って行動しているつもりでしたが、
―それは本当に“謙虚”だったのか。
振り返ると、ちょっと違ったのではないかと
感じられ、反省しました。

“謙虚”というのは、
自分の中に“不屈の精神”を持っていてこそ
その態度に意味があるのだと思います。

“意志の強さ”をきちんと持っていなければ
それは“謙虚”ではなく、
ただ“謙虚”な素振りを見せているだけで
実際は“自分がない”のと同じです。

今のわたしは
「目標が明確でない上に、
自分に対して甘い対応をしがち」という、
言うなれば“屈してばかり”です。

今のままの
“意志の強さ”のない“謙虚”ではなく、
ここで説かれている二面性に近づけるように
まず明確な目標設定と、
それに向けての決意を固めたいと思います!

-------------------------------


「企業で働く」ということについて
現実味を持たせてくれる貴重な機会となりました。

まだ今の段階では
全然読み込めていない部分も多々ありますし、
また会社で働き始めてからと今とでは
感じることも変わってくると思うので
また改めて読み直していきたいと思っています。






」」」」」

ここまで課題をやってきて
ちらりと思ったのですが…。

わたしは就活の際に
いわゆるマニュアル本という類の本は
一冊も読まなかったので
実際にどういう内容なのかは詳しく知りませんが…
就活において、意識を高める機会や
自分と向き合う機会が欲しければ
こういったビジネス本を読むほうが
効果的なんじゃないでしょうか?

今回取り上げた4冊は、本当に
考えさせられることもたくさん、
学ぶこともたくさんです。

ぜひ!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://julity.blog118.fc2.com/tb.php/8-0e65b4b8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。