2008年03月

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2008/03/28 インターン最終日!
  3. 2008/03/25 終わりは始まり。
  4. 2008/03/09 ルノワール+ルノワール展
  5. 2008/03/06 無事帰国!!
  6. 2008/03/02 Hello from Portgul!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターン最終日!

今日はインターン最終日でした!
ちょうど60回目

夏休みだった7月末から
ちょこちょことお世話になり始め、
もう早8ヶ月

ほんとにあっという間だったなぁー…
早いもんです!

途中、卒論に追われて
1ヶ月ちょっとお休みしましたが、
それでもだいぶ長いですよね。



初めは、10回の集中研修

マナー、社内のこと、業界のこと
部署ごとの仕事の流れ…

どれも今までの自分にはなかった
新しい情報ばかりだったので、
全10回で頭がいっぱいになりました。笑

とにかく大変だったのは、言葉
業界の専門的な言葉が全くわからないので、
新しい言葉が出てくるたびに
調べては覚え、調べては覚え…の繰り返し。

その甲斐あって、少しずつ
社内の会話が理解できるようになっていって
嬉しかったのを覚えています。


その後は、実務の勉強

先輩の営業同行、媒体社様見学、セミナー参加、
社内ミーティング参加、実務作業…

学生インターンでありながら、
実際の現場へ連れて行っていただいたり、
社内で実際に作業をしたり、
ミーティングでアイデア出しをしたり…
信じられないスピードでした!

社内の部署の全部を1ヶ月ずつ経験したことで、
その実務の中で、前回の集中研修での内容を
リアルな体験として実感することができました。

また、プレゼンや資料・メールの作り方など
社会人として必要なスキルの訓練にもなりました。


そして、採用活動のサポート

資料作り、就職カンファレンスの司会・スピーチ、
会社説明会の運営…

入社前から会社の一員として
表舞台に立つとは思いもしなかったです…!
最初は、緊張とプレッシャーで大変でした。苦笑

人前で話すのが苦手だったので、
毎回毎回うまくプレゼンができずに
悔しいし、情けないし…。

しかし、先輩や同期の2人に相談をしたり
アドバイスをもらったりして
少しずつ改善していくことができました!

苦手だからといって逃げるのではなくて、
挑戦することで乗り越える“やりがい”
感じることができました。
本当にやって良かった…!!


最後は、課題での勉強

提示される課題のヒントになる講義、
課題レポート作成、プレゼン&フィードバック…

この業界で仕事をしていく上で
必要になってくる思考回路
身につけるための課題なんですが、
これがまた難しい…!!!!!!!苦笑

もうだいぶ頭を使います。笑
頭がすごい勢いでこんがらがってしまうので、
先輩に自分の考えを聞いてもらったり
同期と情報共有をして相談し合ったり…
とにかく考える!そしてアウトプット!

毎回難題ばかりなんですが、
こうやって頭を使うことで思考能力が磨かれるし、
プレゼン資料作りのスキルもアップするし、
どんどん力が付いていきます!
大変なんだけれど、これがまた楽しいんだな!笑





と、こんな感じで
インターン60回が過ぎていきました。

今振り返ってみても、すごいな…!

本当にすごくいろんな経験を
させてもらったんですね。

きっと普通なら、こういうの入社後ですよね?笑

でも、今の時期に経験できて良かったって
すごく思っています。

だって、社会人になることに全く抵抗ないですもん!

入社前に、
仕事の大変さ楽しさも知ることができたし、
会社の雰囲気にも慣れることができたし、
“社会人への不安”みたいなものはないです。

インターンのおかげですね!



次に会社に行く時は、
内定者ではなく、社員として。

立場は変わりますが、
今のこの気持ちは変えずに
初心を常に忘れずにいきたいなと思います!

常に初陣!です、まさに。笑

きっといろんな出来事があるはずだけど、
それを楽しんで、自分の糧にしていきたい。



卒業式のときに、ある先生が

「試練は、英語で“challenge”と訳される。
 試練を“苦労・不幸”と捉えるか、
 “挑戦・好機”と捉えるかはあなた次第。
 越えられない試練は用意されていない。」


という話をしてくださいました。


わたしは、後者でありたい。

そうすることで、
きっともっと自分を誇れるようになるはずだから、ね。

よーし、これからも
常に初陣!の精神で、突っ走るぞー!
おー!!
スポンサーサイト

終わりは始まり。

ついに本日卒業式

今まで何度も卒業式を経験してきたものの…
いやぁ、やっぱり感慨深いものです。

なんといっても、
大学の卒業っていうのは
つまり“学生”からの卒業ってことなんですよね。

だけど当日朝まで全く実感がなく、
別に大したイベントじゃない!
なーんて思ってたんですが…。

朝、用意されていたお赤飯を見て
「今日は人に感謝する日だな…」と。



すごく個人的な話ですが、
わたしは短大を経て大学生になりました。

この経歴の裏には
甘えて堕落した自分の存在があって
今も自分の戒めになっているほどです。

今振り返っても、
本当に情けない時期でした。

だけど、今こうしていられるのは
根気よく付き合ってくれた先生たちや
良い刺激になってくれた友だち、
なによりワガママを聞いてくれた両親…
周りにいてくれた多くの人のおかげです。

本当に感謝しています。
ありがとう!!

確かに遠回り・寄り道ばかりでしたが、
今となっては何一つ無駄ではなくて
ひとつひとつが必然だったんじゃないかな?って
思っています。

寄り道は必ずしも無駄足ではない。


そうやって、何度も挫折して、
いっぱい悩んで…ここまで来て
たくさんの出会いや経験をしたことで
わたしは一回りも二回りも
大きくなれたように思います。

そして、今日“学生”からの卒業


一時期は勉強が嫌で仕方なかったけれど、
自分の好きなことだけして
遊んでるほうが楽だと思っていたけれど…
今は勉強が大好きだし、
大学に進めて本当に良かったと思っています。

ここでしか出会えなかった人、経験。
講義・研究で学んだこと。
悩みに悩んだ就職活動。
夢を叶えに行った卒業旅行。

きっとここまで来なければ
経験できなかったはずの出来事が
たくさんありました。

本当に楽しかったし、幸せだった。
我が学生生活に悔いなし!



卒業式では、
大学の友だちと一緒に研究室で大騒ぎしてみたり、
短大からの友だちとご飯食べに行ったり…と
とにかく楽しんできました!

先生ともたくさん話せて良かったです。
なんだかアットホームな卒業式でしたな。

卒業証書と一緒に
成績表も返ってきたのですが…、
座学関係は見事に微妙な成績でしたが
演習や卒論の成績は非常に良かったです(…)

これは高校のときから変わらないなぁー…。笑




…と、とっても楽しくもあり、
ちょっとウルッときた1日でありました。

学生証返却したときは、
さすがに寂しい感じがしたなぁ…。
「もう“学生”じゃないんだ」って。



楽しかった学生も、今日でおしまい。
次は、充実した社会人!

…になれるよう努力します!

ルノワール+ルノワール展

今日は渋谷Bunkamuraにて開催されている
ルノワール+ルノワール展』に
行ってきました!!

特に絵画に詳しいというわけではないんですが、
博物館・美術館・動物園・水族館etcの
文化施設に行くことが大好きなので、
ちょっと気になる展覧会なんかがあると
ふらっと行ってみたりするようにしています。

今回は、ルノワールの展覧会。

ルノワールといえば、
印象派の画家として有名ですよね。
きっと誰もが見覚えのあるはずの
ダンスホールのワンシーンを描いたのが彼です。
ルノワール


今回の展覧会は、
そのピエール=オーギュスト・ルノワールと
彼の二男で映画監督となったジャン・ルノワールの
親子の共同展覧会ということでした。
(それで、『ルノワール+ルノワール』なんですね。)

画家の父と、映画監督の息子の
共同展示ということで、
会場内には額縁とスクリーンが並べられていて
絵画と映像が混在する不思議な見せ方が
一般的な美術館とはちょっと違って
新鮮な感じがしました!

また、陶器作品や、被服の展示もあり
バラエティに富んだ展示品が見れて
面白くもありました!


特にわたしが気に入ったのは、
陽光のなかの裸婦」という1枚。

この作品、発表された当初は
「試作、裸婦・光の効果」という題だったそうで、
“試作”というタイトルが問題になり
批判を受けたこともあるということでした。

この作品のどこが気に入ったかといえば、
当時のタイトルからもわかるように
絵画の中で“光”を演出している点です。

だって、その“光”が様々な情報を
わたしたちに与えてくれるんですよ。
これが本当にすごい!

実際に、絵画には
庭(?)に佇む裸婦しか描かれていないのに
彼女の肌に落とされる影によって、
おそらく彼女の脇には大きな木が立っていて
青々した葉が日傘代わりになっていることや、
彼女の頭上には青い空が広がっていて
きっと日の高い午後のワンシーンだということなど、
キャンバスに描かれていない情報まで
鑑賞者に伝える
ことができているんです!

絵画は決して語らないけれど、
本当に優れた絵画っていうのは
人の想像力を掻き立ててくれるんですね。
すごいなぁー…。

キャンバスの外側や、
描いていた当時の様子、
その絵に込められた思いや願いなど…
目には見えないものを見せてくれる
不思議な力を持ってるんですねー。


また、そういった不可視的なものを
見ようとする人間の想像力っていうのも
本当にすごいものがありますよね。

何を伝えようとしているのか
読み取ろうとする力。
想像力。

「絵画 対 人間」っていう…
ただ鑑賞しているだけっていう…
一方的な行動のようにも見えますが、
対物であっても
伝える側読み取る側がきちんと存在していて
これも一種のコミュニケーションなんだなぁって
実感した1日でした!



やー今日は良い休日の過ごし方をしたなぁ。
ショッピングも楽しいですけど、
こういう経験を買うっていうショッピングもいいもんです。

次は、横浜美術館の展覧会“GOTH”に行きたいなぁ。
3/26までだそうなので、早くしないと…!



ちなみに、わたしのオススメは
東京都写真美術館です。
場所も恵比寿なので、おいしいもの食べつつ
おいしいビールを飲みつつ
良い休日になること間違いなしです。笑

無事帰国!!

昨日、無事に帰国いたしました!
久しぶりの日本です、こんにちは!笑

本当にあっという間の12日間でした。
毎日が本当に濃くて、充実していました!

いつもの生活と違う環境に身を置くことで、
新しい発見がいっぱいありました。
自分についても、日本についても…。

時間はたっぷりあって
いろんなことを考えながら、
いろんな挑戦をしてきました。

いっぱい泣いたし、
いっぱい笑いました。

元々人が好きだったけど、
もっともっと人が大好きになりました。

自分が好きになりました。
自分、カッコイイじゃん!って
思えるようになりました。

「生きてる」んじゃなくて、
「生かされてる」んだなーって
感じることがいっぱいありました。

たくさんの人に支えられて、
この旅を無事に終えることができました。

日本で応援してくれた人にも、
ポルトガルで助けてくれた人にも、
みんなに感謝です。

本当にありがとう!!!
Muito obrigada!!!


この旅に挑戦して本当に良かった。

不安はたくさんあったけど、
これで一生のうちに叶えたい夢が
ひとつ叶いました。

この12日間の記録は、
後日改めてちゃんと形にします!
お楽しみに!





さて、とりあえず…
帰りの飛行機あたりからずっと
具合がおもわしくないので寝ます…
きっと疲れがドッと出てるんでしょう…
おおおぅ…

Hello from Portgul!!

Hello!!
Long time no see!
It's Yuuri, from Portgul.
I'm too fine, so don't worry about me.

Finaly, I'm going to visit Roka, tommorow.
Roka is the westest point of yu-rashia!!
I wish it's fine tommorow.

So, It's the time to finish using the internet line.
When I go back Japan, I will show my memories here.

Sorry for my poor English!
Bye-Bye!!!

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。